野党は28日、大学入学共通テストで導入される英語の民間検定試験を巡り、「身の丈」発言を謝罪した萩生田光一文部科学相について「閣僚の資質にあらずだ」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と一斉に批判した。今後は辞任要求を含めて衆院文部科学委員会などで追及する方針だ。

 福山氏は国会内で記者団に対し「格差や差別の固定化を認めるような発言で、看過できない。許し難い発言だ」と述べ、非難。衆院文科委で野党筆頭理事を務める川内博史衆院議員は会合で「辞任を求めるところからスタートしなければならない」と強調した。