社会人野球の日本選手権第4日は28日、京セラドーム大阪で1回戦3試合が行われ、2016年大会覇者のヤマハ(静岡)とNTT東日本(東京)、王子(愛知)が2回戦に勝ち上がった。

 2大会ぶりの出場となったヤマハは中盤から打線が奮起し、JR四国(香川)に8―4で逆転勝ち。6大会連続出場のNTT東日本は延長十回に代打二十八のサヨナラ打で伏木海陸運送(富山)を4―3で下した。王子は今夏の都市対抗大会ベスト4の東芝(神奈川)を5―1で破った。