週明け28日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台後半で取引された。

 午後5時現在は前週末比12銭円安ドル高の1ドル=108円73~74銭。ユーロは12銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円57~61銭。

 朝方は米中貿易協議の進展期待から、比較的安全な資産とされる円を売る動きが優勢だった。その後は方向感を欠き、小幅にもみ合う展開となった。

 外為ブローカーは「週内に日米の金融政策決定が控えており、様子見ムードが高まっている」と話している。