楽天の則本昂大投手(28)が28日、楽天生命パーク宮城で取材に応じ、故障者特例措置で今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使して残留すると明らかにした。今季が3年契約最終年だったが、3月に7年程度の長期契約を結び直していた。

 開幕前に右肘の手術を受けて長期離脱。今季は5勝5敗、防御率2・78だった。「権利を持ったまま(長期契約期間を)過ごすという思いは全くない。この先もイーグルスで頑張りたいという気持ちを表すためにはこれがベスト」と話した。