NHKは28日、受信契約を結びながら受信料支払いを拒否しているNHKから国民を守る党の立花孝志党首に対し、受信料2カ月分の4560円の支払いを求める訴訟を同日付で東京地裁に起こしたと明らかにした。

 NHKは通常、個別の契約や訴訟について詳細を明らかにしていないが、公表した理由を「『受信料は踏み倒す。速やかに訴えてほしい』などと公の立場で発言された」と説明。不払いの意思が明確で、視聴者から毅然とした対応を求める声が数多く寄せられたとした。

 立花氏は、参院選当選後の8月に議員会館の自室テレビの受信契約を結んだが、支払いは裁判で決定すべきだと主張していた。