【ソウル共同】韓国の李洛淵首相は28日で在任期間が881日となり、1987年の民主化以降、歴代首相の中でトップとなった。日本語が堪能な「知日派」の李氏は、24日に安倍晋三首相と会談するなど対日外交でも存在感を示す。次期大統領の有力候補にも挙がっている。

 李氏は文在寅政権発足直後の2017年5月31日に首相に就任。主に内政面で各省庁の統括役を担い、高い安定感が評価されてきた。次期大統領候補の好感度を問う世論調査でも首位に立つことが多い。