中日の大島洋平外野手(33)が28日、海外フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することが決まった。加藤宏幸球団代表が名古屋市の球団事務所で「今日、大島選手から『ドラゴンズにまたお世話になる』と連絡があった」と明らかにした。

 地元愛知県出身の大島は駒大から日本生命を経て2010年、ドラフト5位で入団した。今季は全143試合に出場して打率3割1分2厘、3本塁打、45打点。174安打を放ってセ・リーグの最多安打のタイトルを獲得した。ゴールデングラブ賞に6度選ばれ、12年には盗塁王に輝いた。