強化方針を巡ってトップ選手と対立する全日本テコンドー協会は28日、東京都内で臨時理事会を開き、金原昇会長を含む理事の総辞職を決議した。外部有識者による「検証委員会」(委員長=境田正樹弁護士)が推薦する新理事の決定後、現理事は辞職する。

 金原会長が再任され、選手側から批判を受ける現体制が維持される可能性も残るが、境田氏は「公正な立場で調査をする。会長の再任ありきでは(依頼は)受けないと最初から申し上げている」と強調した。金原会長は「未来のテコンドー協会にとっていい判断」と述べ、検証委の結論を受け入れる考えを示した。