台風19号の大雨で1階への浸水被害のため休診していた宮城県丸森町の国民健康保険丸森病院が28日、2週間半ぶりに外来診療を再開した。内科、外科、整形外科でコンピューター断層撮影装置(CT)などの機器が使えず、検査は実施できない。入院の受け入れは早くて11月になる見通し。

 午前9時の診察開始前から約20人がロビーで待機。看護師らが体調や被災状況などを聞き取った後、医師が診察した。

 病院によると、患者には高血圧などの持病を抱える高齢者が多く「外来診療だけでも早期再開を」との声が寄せられていた。