9月の台風15号の影響で千葉県市原市のゴルフ練習場の鉄柱が倒れて周辺の多数の住宅が損壊した問題で、鉄柱の撤去作業が28日、始まった。終えるまでに2カ月ほどかかる見通し。

 台風15号が通過した9月9日、ゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」の高さ30~40メートルの鉄柱がネットごと倒れ、周辺の住宅が下敷きになり、けが人も出た。

 撤去工事は東京都江戸川区の解体業者が実施。業者やゴルフ練習場の関係者は今月10日に被災住民向けの説明会を開いていた。

 ゴルフ練習場側は住民に謝罪する一方、自然災害による倒壊だとして被害補償について具体的な説明はしていないという。