【ビトリア(ブラジル)共同】サッカーのU―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第2日は27日、ビトリアなどで行われ、1次リーグD組の日本は初戦でオランダに3―0で快勝した。若月(桐生第一高)が先制点を含む2点を奪い、西川(桐光学園高)もPKで加点した。

 1次リーグは24チームが6組に分かれ、各組1、2位と3位の成績上位4チームが決勝トーナメントに進む。前回大会に続く16強入りを狙う日本は30日(日本時間31日)に米国、11月2日(同3日)にセネガルと対戦する。

 同じD組ではセネガルが米国に4―1で勝利。C組はフランスと韓国が白星発進した。