気象庁は28日、鹿児島県屋久島町の口永良部島の噴火警戒レベルを「火口周辺規制」の2から「入山規制」の3に引き上げた。新岳火口周辺で27日夜に規模の大きな地震があり、火山活動が高まっていると判断した。火口から約2キロは噴石の飛散や火砕流に警戒が必要となる。レベル3になるのは約4カ月ぶり。

 気象庁は同日の記者会見で「火砕流が火口から約1・9キロに達した今年1月と同程度の噴火が起こる可能性がある」との見解を示し、住民に危険な地域に立ち入らないよう呼び掛けた。

 口永良部島では2015年5月に大規模噴火が発生した。昨年12月と今年1月にも火砕流を伴う噴火が起きた。