ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第24日は27日、横浜・日産スタジアムで準決勝1試合が行われ、南アフリカがウェールズを19―16で下し、優勝した2007年大会以来の決勝に進んだ。3度目のW杯制覇を懸け、11月2日の決勝(日産スタジアム)で世界ランキング1位のイングランドと対戦する。

 ウェールズは初の決勝進出を逃し、1日の3位決定戦でニュージーランドと顔を合わせる。

 前半は両チームともPGだけの得点で南アフリカが9―6とリード。後半は1トライずつ挙げ、16―16の35分にSOポラードがPGを決めた。通算対戦成績は南アの29勝6敗1分け。