【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州で山火事が同時多発する事態が続き、サンフランシスコ北部のソノマ郡では27日までに住民約18万人に避難命令が出された。電力会社は送電線設備の火花などが火災につながるのを防ぐため、計約94万戸を対象に計画停電を始めた。米メディアが報じた。

 消防によると、ソノマ郡の火災は23日に発生し、焼失面積は約100平方キロ。火勢が強く鎮火作業が難航、当局は避難対象地域を拡大するなど対応に追われている。

 ロサンゼルス北部でも24日に山火事が発生。ニューサム州知事は、二つの被災地に対し非常事態宣言を出した。