小泉進次郎原子力防災担当相は27日、国が来月上旬に松江市の中国電力島根原発で実施する原子力総合防災訓練に先立ち、島根県庁敷地内にある事故対応拠点「島根県原子力防災センター(オフサイトセンター)」などを視察した。小泉氏は、同原発が全国で唯一県庁所在地にあることに触れ「(事故時の)避難を考えた時に大変人口が多い」と述べ、国の訓練を通じて避難時の課題を明確化する考えを示した。

 視察後は県庁を訪れて丸山達也知事と会談。丸山氏は「要支援者の避難を円滑に行うことが大事な課題だ」と話し、小泉氏は「原子力防災の充実に必要な支援をする」と応じた。