カヌー・スラロームの東京五輪テスト大会が27日、東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで行われ、男子カナディアンシングルで4大会連続代表を決めている羽根田卓也ら五輪や世界選手権のメダリストを含む国内外の有力選手が出場した。

 左右に振られて高難度の旗門配置だったという羽根田は準決勝で敗退。「ちょっとしたコースの読み違いが順位を落とす大きな原因となる」と気を引き締めた。

 女子カヤックシングル3位に入ったルーカ・ジョーンズ(ニュージーランド)は、リオデジャネイロ五輪の銀メダリスト。「リオのコースに似ている。水の流れを知ることが大事になる」と本番を見据えた。