日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)が、27日に終了した今年の新潟競馬で計20勝を挙げて、同競馬の年間最多勝に輝いた。女性騎手が競馬場別の年間リーディングを獲得したのはJRA史上初めて。

 新潟で夏までに11勝していた藤田騎手は、秋の今開催でもトップの9勝をマーク。2位の戸崎圭太騎手に7勝差をつけた。藤田騎手は「今開催が始まる前から意識していましたし、リーディングを獲得できてうれしいです」とコメントした。