第160回天皇賞・秋(27日・東京11R2000メートル芝16頭、G1)圧倒的な1番人気のアーモンドアイ(クリストフ・ルメール騎乗)が1分56秒2で快勝し、G16勝目(うち海外1勝)を挙げるとともに、1着賞金1億5千万円を獲得した。

 牝馬のこのレース制覇は、2010年のブエナビスタ以来。ルメール騎手は昨秋、今春に続く天皇賞3連覇を遂げた。

 払戻金は単勝が160円、枠連は(1)―(5)で220円、馬連は(2)―(9)で920円、馬単は(2)―(9)で1170円、3連複は(2)―(5)―(9)で3210円、3連単は(2)―(9)―(5)で8860円。