ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ最終日は27日、札幌市大倉山ジャンプ競技場でNHK杯を兼ねてラージヒル(ヒルサイズ=HS137メートル)が行われ、昨季のワールドカップ(W杯)個人総合を制した小林陵侑が1回目に133メートル、2回目に最長不倒の135・5メートルを飛んで合計273・5点で初優勝した。岩佐勇研が265・3点で2位。竹内択が3位、47歳の葛西紀明が7位だった。

 NHK杯のみで実施の女子は高梨沙羅が116・5メートル、131メートルの227・2点で制し、伊藤有希が2位だった。