2020年東京五輪の暑さ対策としてマラソンの開催地を札幌市に変更する計画を巡り、発着点は市中心部の大通公園とする方向で、大会組織委員会が検討を進めていることが27日、複数の関係者の話で分かった。国際オリンピック委員会(IOC)が候補に挙げた札幌ドーム発着は課題が多く、困難なため。コースの大枠は同じく大通公園発着の北海道マラソンをベースとする方針だ。

 30日から東京で開くIOC調整委員会との合同会議の期間中に、これらの方向性が固まる可能性がある。競歩もマラソンのコースを一部使用することが検討されている。