【ケロウナ(カナダ)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は26日、ケロウナで行われ、男子は羽生結弦が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位で自己ベストの合計322・59点で初優勝し、ファイナルを含むGP通算11勝目を挙げた。フリーで3種類の4回転ジャンプを計4度着氷し、自己ベストの212・99点をマークした。

 女子はSP首位の紀平梨花がフリー2位の148・98点、合計230・33点で2位となった。15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が合計241・02点でGP初出場優勝した。