来日したスティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は26日、在日米大使館(東京都港区)で記者団の取材に応じ、韓国が破棄を決めた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の維持に向け「韓国側に働き掛ける」と述べ、韓国政府に再考を促す意向を明らかにした。日本政府が検討する自衛隊の中東派遣については「歓迎する」と語った。

 協定についてスティルウェル氏は「米国にも日本にも、そして韓国にとっても有益だ」との見解を示した。近く訪問するソウルで韓国側にこうした考えを伝え、説得するとみられる。