大阪市浪速区の観光名所・新世界で26日、ハロウィーンイベントが開かれ、参加者約100人がメークや衣装で人気キャラクターなどになりきり、ランドマークの通天閣の足元に広がる商店街を練り歩いた。

 午後5時すぎ、ゾンビに扮した男性らが集まり異様な雰囲気が広がる中、パレードが始まった。商店街を散策していた外国人観光客らの中には、コスプレの参加者を物珍しそうに見入る人も。沿道では多くの人が手を振り、笑顔で写真を撮影していた。