ZOZOチャンピオンシップ第2日(26日・千葉県習志野CC)タイガー・ウッズ(米国)が首位タイから7バーディー、1ボギーの64と伸ばし通算12アンダー、128で単独首位に立った。ゲーリー・ウッドランド(米国)が2打差。松山英樹は1イーグル、2バーディー、1ボギーの67で通算8アンダーとして3位を維持した。

 66で回った小平智が通算5アンダーで9位につけた。68の石川遼は4アンダーの17位、大槻智春は2アンダーの23位となった。

 25日の大雨の影響で観客を入れずに行われた。27日は第3ラウンド終了後に最終ラウンドを実施予定。競技終了は28日となる見通し。