【ナイロビ共同】ノーベル平和賞受賞が決まったエチオピア・アビー首相の退陣を求め23~24日に起きたデモで、警察当局は26日までに南西部オロミア州の死者67人のうち十数人が治安部隊に殺害され、残りはデモ隊と敵対グループとの衝突で死亡したと明らかにした。複数の欧米メディアが報じた。

 治安部隊がオロミア州の著名活動家の拠点を取り囲んでいるとの情報が出回り、活動家の支持者らが23日に抗議デモを起こした。死者の多くは石で強打されて致命傷を負った。

 エチオピアでは旧政権下で事実上の一党支配が続いたが、アビー氏は来年に予定される総選挙で複数政党制の実施を表明している。