国内サッカー年間三大タイトルの一つ、JリーグのYBCルヴァン・カップは26日、埼玉スタジアムで決勝が行われ、川崎が初優勝を果たした。札幌と激しく点を取り合う展開で2―2から突入した延長を3―3で終え、PK戦を5―4で制した。

 5度目の決勝進出となった川崎は後半終盤の小林の得点で2―1と勝ち越したものの逃げ切れなかった。延長前半には谷口が退場処分となり、直接FKで失点。追い詰められた状況で延長後半に小林が同点ゴールを決めた。PK戦は先に失敗したが、GK新井が2本のキックを止めた。

 札幌は2度のリードを生かせず、初のタイトル獲得はならなかった。