広島の野村祐輔投手(30)が26日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。マツダスタジアムで会見し「佐々岡新監督の下、リーグ優勝、日本一を目指して頑張る」と話した。

 野村は広島・広陵高から明大を経てドラフト1位で2012年に入団。抜群の制球力を武器に1年目から9勝(11敗)を挙げ、防御率1・98で新人王に輝いた。16年は先発の柱として16勝3敗で最多勝、最高勝率のタイトルを獲得して25年ぶりのリーグ優勝に貢献。今季は18試合で6勝5敗、防御率4・06だった。

 通算成績は172試合で71勝52敗、防御率3・38。