【ブエノスアイレス共同】南米アルゼンチンで27日、任期満了に伴う大統領選が実施される。6人が立候補し、各種世論調査では野党の左派アルベルト・フェルナンデス元首相(60)が、現職の中道右派マクリ氏(60)の再選を阻んで圧勝する勢い。ポピュリズム(大衆迎合)的で財政規律に無頓着な左派政権復活の可能性に、市場には警戒感が強まっている。

 フェルナンデス氏の副大統領候補は、クリスティナ・フェルナンデス前大統領。保護主義的で「ばらまき型」の経済政策で知られ、任期中は赤字や対外債務が膨らんだ。