【モスクワ共同】新海誠監督のアニメ映画「天気の子」の先行上映会が25日夜、モスクワ中心部で行われ、ほぼ満員となった数百人収容の会場はロシア人のアニメファンの熱気に包まれた。上映後には新海監督が登壇し、ファンとの質疑応答が日付をまたいで26日未明まで続いた。モスクワでの一般公開は31日から。

 若者層を中心に日本のアニメや漫画の人気が高いロシアでも、四季の情景を緻密に描く新海作品のファンは多い。歓声に迎えられた新海監督は「これだけ多くの方に来てもらえたことが信じられず、とても感激している」とあいさつした。