【北京共同】日中両国の政財界人や有識者が安全保障や外交について議論する「東京―北京フォーラム」が26日、北京で開かれた。中国の王毅国務委員兼外相があいさつし、来年春に予定する習近平国家主席の国賓訪日に関し「新時代の中日関係の一里塚になる」と強調、両国が協力し友好的な雰囲気を醸成すべきだとの考えを述べた。

 また「双方が互いの脅威とならず協力のパートナーになるというコンセンサスを実際の行動に移すべきだ」とも指摘。中国が主導する巨大経済圏構想「一帯一路」に日本が参加することを「歓迎する」と呼び掛けた。

 フォーラムには福田康夫元首相も出席した。