【ナイロビ共同】エチオピアの警察幹部は25日、今年のノーベル平和賞受賞が決まったアビー首相を「強権的だ」と批判し退陣を求めるデモ隊が、鎮圧を図った治安部隊と23~24日に南西部オロミア州で衝突し、少なくとも67人が死亡したと発表した。ロイター通信などが報じた。アビー氏は隣国エリトリアをはじめアフリカ東部の和平に尽力したとして、11日に授賞が発表されたばかり。

 アビー氏は民主化の一環として、旧政権下で逮捕された活動家らの釈放を進めたが、自由になった活動家らが各地で運動を始め、民族間の衝突を引き起こすなど治安が悪化。アビー氏の足元が揺らぐ事態となった。