【ニューヨーク共同】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は25日、米国の報道機関と契約し、新たなニュース配信サービスの試行を始めたと発表した。デジタル広告市場で存在感を強め、報道機関の経営を悪化させたとの批判に対応。一部の配信元には掲載料を支払う。信頼できる情報を載せることで2016年の米大統領選を機に問題となったフェイクニュース対策も進める。

 米メディアによると、配信元はABCニュース、CNN、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)といった有力メディアが含まれる。FBの広報担当者は共同通信に「米国以外でサービスを始める計画はまだない」と述べた。