2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌移転案について、国際オリンピック委員会(IOC)は25日、移転理由などをまとめた資料を公表した。東京と比べて8月の平均気温が3~4度低いことや、北海道マラソンを毎年夏に開いた実績を挙げている。

 資料はIOCのコーツ調整委員長と東京都の小池百合子知事との会談に合わせて用意され、記者団にも配布された。マラソンと競歩で棄権者が続出した陸上の世界選手権が開かれた中東ドーハと、熱中症の危険度を示す暑さ指数(WBGT)で東京はほぼ同水準だと指摘。ドーハで救急搬送される選手の写真なども掲載し「競技環境が酷似している」と強調した。