東北太平洋側で26日明け方にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降るとして、気象庁は25日、土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。台風19号で堤防が損傷するなどした被災地では特に注意が必要だ。落雷や竜巻、ひょうの恐れもある。

 同日は千葉県を中心に大雨となった。気象庁によると、北からの寒気と南からの暖かく湿った空気が千葉県付近でぶつかって25日午前に「局地的な前線」が形成された。その後は東海沖の低気圧や台風21号の影響で湿った空気が流れ込み、強い上昇気流の中で積乱雲が次々と発生。強い雨が降り続けることになった。