【ジャカルタ共同】昨年10月、インドネシアの格安航空会社(LCC)ライオンエアのボーイング737MAX8が墜落し、乗客乗員189人が死亡した事故で、国家運輸安全委員会は25日、最終調査報告書を公表し、ボーイングの設計の問題が墜落の一因だったと認定した。

 これまでの調査では、失速防止のため、自動的に機首を下げる自動失速防止装置が誤作動して機首が下がり、操縦士が機首を立て直す操作を墜落直前まで続けていたことが判明している。

 737MAX8は今年3月にエチオピアでも157人が死亡する墜落事故を起こした。同様に自動失速防止装置の誤作動が疑われている。