25日の東京株式市場の日経平均株価(225種)終値は前日比49円21銭高の2万2799円81銭となり、5営業日連続で今年の最高値を更新した。約1年ぶりの高値水準。米中が貿易摩擦の緩和に向け接近するとの期待が先行し、ハイテク株などに業績の復調を見込んだ買い注文が入った。

 東証株価指数(TOPIX)も4・70ポイント高の1648・44と今年最高値を更新した。出来高は約11億株。

 最近のニューヨーク市場では好調な決算を示したIT関連銘柄などが上昇しており、投資家の積極姿勢が東京市場にも波及した。業績が持ち直すとの観測から半導体や電子部品の関連株が買われた。