宮崎県は25日、同県出身の歌人若山牧水にちなんで優れた短歌作品の作者に贈る「第24回若山牧水賞」にいずれも歌人の松村由利子さん(59)と黒岩剛仁さん(60)を選んだと発表した。松村さんの受賞作は歌集「光のアラベスク」、黒岩さんは歌集「野球小僧」。来年2月12日に宮崎市で授賞式が開かれる。

 松村さんは福岡県出身の元毎日新聞記者。歌集「鳥女」で第7回現代短歌新人賞も受賞。今回の受賞作は居住する沖縄県石垣市の自然などを詠んでいる。

 黒岩さんは大阪府出身で電通に勤務。歌集「天機」「トリアージ」を出しており、受賞作では会社員としての自身の姿などを表現している。