【ソウル、北京共同】韓国統一省は25日、南北協力事業の一環として韓国側が北朝鮮東部の金剛山観光地区に建設した施設を巡り、北朝鮮側が撤去に向け、書面協議を求める通知文を送付してきたと明らかにした。

 景勝地の金剛山地区の観光事業は10年以上中断している。北朝鮮メディアは23日、金正恩朝鮮労働党委員長が金剛山地区を視察した際、韓国側が設置したホテルなどが「みすぼらしい」として、全て撤去するよう指示していた。