豚コレラ感染予防のための豚へのワクチン接種が25日、始まった。昨年9月に岐阜市の養豚場で国内26年ぶりの発生が判明してから感染拡大が止まらず、2006年4月に中止したワクチン使用に踏み切った。一連の豚コレラで最初の感染確認から2年となる20年9月に、国際獣疫事務局(OIE)が認定する「清浄国」ではなくなることが事実上確定した。

 ワクチン接種に向け農林水産省は防疫指針を改定、飼育豚や野生イノシシの感染が確認された11県を推奨地域に選定した。このうち富山、石川、福井、岐阜、愛知、三重の6県で25日午前、作業が始まった。群馬など5県でも26日以降に実施される。