上空の寒気や四国沖を北東に進む低気圧の影響で、25日は西日本から東日本、東北で大気の状態が不安定となり、千葉県鴨川市では同日午前に1時間雨量が観測史上1位の85・5ミリを記録するなど、局地的に猛烈な雨が降った。

 台風15号で多数の住宅被害に遭った千葉県や、台風19号で被災した東日本や東北で再び災害の発生が懸念される。気象庁は、19号の大雨で堤防が決壊した千曲川が流れる長野県内などに洪水警報を発表し、警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、東日本では25日夕にかけ、東北太平洋側では26日午前にかけ雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。