【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅に反落し、前日比28・42ドル安の2万6805・53ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は66・01ポイント高の8185・80。

 朝方に四半期決算を発表した化学・事務用品の3M(スリーエム)が大きく値下がりし、ダウ平均を押し下げた。利益見通しを引き下げたことなどから売りが膨らんだ。

 一部商品の自主回収による業績への悪影響拡大が懸念された医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソンも値下がりした。