【ロンドン共同】ジョンソン英首相は24日、欧州連合(EU)離脱を巡る混迷を打開するため、12月の総選挙実施を提案した。公約に掲げてきた「10月末の離脱」断念を初めて認めた形だ。英国は延期を要請済みで、EU側の承認を経て一定期間の延期が近く決まる見通し。ただ解散総選挙には下院の同意が必要で、野党が応じるか不透明だ。

 ジョンソン氏は最大野党労働党に宛てた24日付の書簡で、12月12日の前倒し総選挙を提案した。実現には下院の3分の2以上の同意が必要で、前倒し実施提案は既に2度退けられている。