ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、出場中の南アフリカ代表選手が書いたと思われるサイン入りグッズが、フリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品されていることが24日、明らかになった。チーム側は困惑している。

 メルカリには「ラグビー 南アフリカ代表選手 直筆サイン」という商品名で、複数の選手が日本滞在中に書いたとみられるサイン色紙が5万8千円で出品された。

 チームのスタッフによると、事前キャンプ地や大会期間中の移動で利用する新幹線の駅などで、サインに応じていたという。チーム関係者は「選手は善意でサインをしているのに残念」と悩ましげな表情だった。