プロ野球のフリーエージェント(FA)有資格者が権利行使できる手続き期間が24日、始まった。海外FAの資格を得た西武の秋山翔吾外野手はかねて米大リーグ挑戦の意向があり、動向が注目される。

 国内FAの資格を持つ選手のうち、ソフトバンクの福田秀平外野手は権利を行使する見込みで、ヤクルトや巨人が関心を示している。広島の野村祐輔投手は25日に球団と話し合うことを明らかにした。ヤクルトのバレンティン外野手や楽天の美馬学投手、ロッテの鈴木大地内野手と益田直也投手らにもFA権行使の可能性がある。