囲碁の羽根直樹碁聖(43)は24日、第61期王冠戦予選で片山安雄八段(55)に勝ち、公式戦通算千勝(520敗3持碁1無勝負)を達成した。史上27人目。

 羽根碁聖は三重県出身で、1991年にプロ入りした。七大タイトルでは碁聖のほか棋聖、本因坊、天元の獲得実績があり、NHK杯でも優勝している。日本棋院中部総本部所属。