ハンセン病元患者家族の補償を議員立法で目指す超党派国会議員グループは24日の全体会合で、補償額を最大180万円とする補償法案基本方針を正式に決定した。法案にまとめ、臨時国会に提出する。差別や偏見にさらされた家族の被害回復に道筋が付いたが、補償制度に有効性を持たせるには、差別解消に向けた啓発活動が課題となる。厚生労働省は対象が2万~3万人、予算規模が350億~500億円になるとの試算を公表した。

 家族訴訟原告団長の林力さん(95)=福岡市=は「ようやくこの日を迎えられた」と述べた。