台風19号に伴う河川堤防の決壊や越水などで浸水した範囲は17都県の約2万8800ヘクタールに上り、数日間の降雨で、西日本豪雨などを含む2018年の年間総計約2万8579ヘクタールを超えたことが24日分かった。関東・東北豪雨があった15年も上回った。台風19号による浸水面積は調査中の地域も多く、さらに増える見通しだ。

 国土交通省が河川流域別に公表している24日時点の浸水面積を集計した。浸水は既にほとんどの地域で解消している。

 国管理河川周辺では、14都県の約2万5525ヘクタールが浸水した。都道府県管理河川の浸水被害は16都県で約3275ヘクタール。