北海道浦幌町の浦幌アイヌ協会が東京大を相手に、明治・昭和期に男性教授2人が研究目的で町内のアイヌ墓地から持ち去った遺骨6体の返還を求める訴訟を釧路地裁に起こす方針を固めたことが24日、関係者への取材で分かった。

 提訴は11月1日の見通し。協会が遺骨の返還を求めるのは北海道大、札幌医科大に続いて3例目。

 訴状によると、6体のうち5体は成人男性で、1888(明治21)年に現在の浦幌町ウツナイで解剖学者が発掘した。1体は性別不明の成人で、1965(昭和40)年に別の教授が同町十勝太で掘り出した。いずれも東大が保管している。