日本ラグビー協会は24日、東京都内で次期日本代表ヘッドコーチ(HC)の選考委員会を開き、ワールドカップ(W杯)で日本を初の8強に導いたジェイミー・ジョセフHC(49)に続投を要請することを決めた。任期は2023年の次回W杯フランス大会までの4年間。現在の契約は12月で切れる。

 選考委には日本協会の森重隆会長(67)、岩渕健輔専務理事(43)、藤井雄一郎強化委員長(50)らが出席し、ジョセフHCに一本化して続投要請することを満場一致で決定した。今後の交渉は藤井委員長に一任され、ジョセフHCからの返答を待つ。