最高裁は24日、裁判所が当事者から預かったお金を保管するシステムに不具合が生じ、システムを通じた保釈保証金の返還などができなくなっていると明らかにした。原因は不明で、復旧までに数日かかる可能性もある。システムを使った保釈保証金の納付はできるため、保釈が遅れるといった影響はない。返還を急ぎたい場合も、現金や小切手を使って対応できるとしている。

 最高裁によると、不具合があったのは「保管金事務処理システム」で、全国の裁判所が活用。このシステムを使うと、返還される保釈保証金は弁護人の口座に振り込まれるが、21日朝から不具合が生じ、振り込みができなくなったという。